お風呂上りの保湿

一日の中でも保湿に力を入れるのは、お風呂から上がった後です。お風呂上りは肌の乾燥が一気に進むため、顔周りだけではなく体全身も乾燥してしまいます。しかし、普段行っている保湿方法は、本当に正しいものでしょうか。もしかしたら、せっかくの保湿クリームも方法次第では効果を半減させているかもしれません。

身体保湿お風呂上りの保湿で大事なのは、とにかく早く保湿してあげること。目安としては、上がってから5分以内が理想です。なぜならば、保湿前の肌は無防備な状態だからです。一見お風呂は体を潤してくれるもののようですが、お湯は肌表面の保湿成分を洗い流してしまいます。また、スポンジやブラシはどうしても肌を傷つけてしまうものです。このようなことが重なり、お風呂上りはすぐに乾燥が進行。ひどい乾燥肌の方ならば、すぐに痒みが出てしまうのではないでしょうか。そのような事態を防ぐためにも、より早く保湿しておきましょう。究極は、お風呂から上がったと同時に保湿クリームやボディオイルを塗ること。まだ水滴を拭き取らないうちに、クリームで肌を保護しておくのも一つの方法です。

乾燥肌は、肌にも負担がかかる上に、痒みなどで精神的なストレスもたまり良いことは一つもありません。顔だけでなく、全身乾燥肌とは無縁なつるすべ肌を目指しましょう。